里中守原画展

ずっと、ずーっと大好きな同人作家さんで、 
すべての同人誌を買っていて、 
作品を読むためにゲームをするくらい(FE…)で、
エッセイで描かれた旅行先も回ったりするほど
(バリ島や香港や英国、越後湯沢、八甲田山…)ファンだったのですが、
3年前の5月26日に突然亡くなられた、
「突貫工事!おぢろう組っ」里中守さんの原画展が
中崎町であったので行ってきました。

私はこの作家さんに本当に影響を受けました。 
詩情溢れるシリアスと、
何を食べてたらこんなこと思いつくのだ?というコメディが
1人の人間の中で矛盾なく存在していたところが好きでした
(両者の共通点は優れた言語感覚と、湿度の低さだと今になって思い至ります)。 

会場はゆかりの作家さんやファンの皆から贈られたお花でいっぱいで、 
花畑のような匂いが外まで漂っていました。 
私とお友達も里中さんがお好きだった薔薇を贈りましたが、 
最後に喜んでいただけているといいなと思います。 

展示のカラー原稿は、里中さんの思い切りの良さが表れていてにっこりした
(迷いがあったら、アナログであんな風に美しく色を滲ませることはできないと思う)。 
私はカラー原稿よりもむしろモノクロ原稿の、
印刷への再現率が低いように感じられて、来てよかったと思った。 
強い線に合わせて印刷すると弱い線がでないからか、
印象よりずっと繊細な原画だった。 
再録本とキーホルダーを無事に買えてほっとしました。

再録本はどれも懐かしいお話で、
ローマのレストランのエッセイは半分暗記しているくらい。
思えばエッセイ漫画を読んで
「旅行に行って、ちゃんとしたレストランに行くと
こういう風に食べ物が出てくるのか…
ワインとかも飲んで、クー!格好いい!」
という、「気ままに生きる女」のロールモデルになってくださった気がします。
へうがさんの漫画では相変わらず里中さんが(霊として)喋っておられて、
里中さんの描かれた生者と死者の交流の作品があって、得も言われず味わい深かった…。

思わず「ワー!」って言ってしまったのは、
このカラー原稿でした。 


常に本棚の前列にあるので何十年もむかしの本がスッと出てきてしまうのですが、 
なんとなくクラフトアート風だなあ…と思っていたのが、
本当に紙を貼って重ねた物理的に分厚い原稿で、 
まさか2024年に現物を見られるとは…でした。 

この原画展の主催者であり里中さんの生涯の相棒へうがさん 
(開催ありがとうございました)や、 
エッセイ漫画に登場なさるのですっかりお馴染みの友人作家さんたちに支えられた、
いい原画展でした。
亡くなるには早すぎると今でも思っていますが、
これからも里中さんの作品の魅力は私の中で褪せることはなく、 
ずっとずっとファンです。

「猿の惑星/キングダム」感想


3部作の続編。 
前作終了時から300年ほど経った世界での話。 
人間たちは文明を失い野生動物として生きている一方で、
猿たちは豊かに暮らしていた。 
猛禽使いの一族であるノアは、
顔を覆った異様な猿の一団に村を焼かれ、
復讐の旅に出る…というあらすじ。

今作のノヴァの性格造形がとてもいいです。 
ヴィランボノボで意外だった。 
なんかボノボって争いを好まない…
みたいなそういうイメージだったので。
でもこの専制君主の猿が他の猿を奴隷労働させるヴィジュアル、 
つい最近見たキングvsゴジラで…(笑)。 

ラストまでばれ

プロキシマスがいることで柔らかくなっているが、
メイとノアは、
種族の命運をかけて戦う敵同士にして戦友という燃える関係。

他の動物と比較すると人間の邪悪さが際立つ。
でも私も人間なので理解できるし、
メイの有能さ、勇敢さには震えた。 
(シャ、シャベッタァァァァ……!?の演出のところ笑ってしまった)
同族殺しは初めてではないし、二度目とかでもなさそうな手際の良さ。
彼女の親を殺したのはプロキシマスとしても、
彼女の部族が全滅したのは、果たして本当にプロキシマスのせい?

ゴマスリヒューマンがその場にいる一番強い存在に膝をついて安全を図るの、
人間らしい行動で、あれもまあ理解できる。

考えると、死んだ英雄の遺志を継ぐ、というのを利用し、
感情を隠して相手を誘導するプロキシマスは奇妙に人間ぽかった。
それと将来の野望のために現在努力するのって
時間の概念をちゃんと把握してないとできないことだなあと思う。
(人間でも時々、時間の概念がないのでは?現在しかないのでは?という人はいる)

しかし今回の新作、旧作に繋がらなくなった気がするがどうだろう。
科学、天文学や医学、文学、数学、芸術、なにも発展しておらず、
猿たちは一次産業にしか興味がないように見えた。
(いくらなんでも建築物は、もっと太い資材で作れるでしょ!と思った)
(人間の何倍もの腕力があるのだから、あんなの彼等にとっては割り箸ビルディングだよ)

続編匂わせはなかったが、続くんだろうか?

 

 

「関心領域」感想


アウシュヴィッツ強制収容所、初代所長
ルドルフ・フェルディナント・ヘスが
強制収容所に隣接する美しい邸宅で
妻子と仲睦まじく暮らす様子を描いた映画。
写真や証言から
かなり正確に当時の様子を再現しているとのこと。
ジョナサン・グレイザー監督。
念のための注意ですが
精神状態のあまりよくないときに見る映画ではありません。

親子そろってのピクニックから映画は始まります。
そこから彼らの暮らしぶりが描写され、
幼い子を抱いて、花や虫を見せてやる母親や
温室やプールのある庭、大きな犬、
裕福ではなかった夫婦が共に築き上げた豊かな生活、
まるで物語のような理想的な家族の映像が流れます。
しかし少しずつ違和感が現れ、徐々に増えていきます。
使用人が主人のブーツを洗うと血が流れたり、
遠くから人の大声が聞こえたり。
その音は常に聞こえるようになります。

ラストまでばれ
寝室で夫妻がむかし行ったイタリアの話をして、
夫が2人だけに分かる笑い話で妻を笑わせるシーンとかすごく…
ナチスは悪」で「ユダヤ人はかわいそうな被害者」、
「戦争は恐ろしい」「繰り返される悲劇」
とかそういうことではないのが分かる。
たとえば職を失って、家族や友人を悲しませ、
たった一人で皆と違う意見を言える人はどのくらいいるだろう。
何千人、何万人が一丸となって動いているシステムに
「それはおかしい」と言える人がどれだけいるだろうか。

自分より裕福だった民族が危険な思想集団とされ、
その資産を自分のものにしてよいとなったら?
自分より優秀だった職業の人間が検挙され始め
密告すれば称賛されるとなったら?
たとえば片方の性別に財産を所有する権利がなくなり
自分がその資産を自由にしてよいとなったら?

歯磨きチューブの中に宝石を隠すユダヤ人を
「かしこい」と評した女性の褒め方は、
犬や猫に対するそれだった。
この映画を見るのにはほんの少しだけ知識が要る。
子供が夜にベッドで眺めていた小さな銀色のものはなにか、
兄が温室に弟を閉じ込めたのは何の遊びか、
川遊びのときに流れてきた灰をどうしてあんなに必死に洗ったのか、
(あとご主人が夜中にこっそり何かを洗って拭いてたり)
かくいう私も、自転車で来てりんごを隠している少女のシーンは分からなかった。
レジスタンス活動をしていた実在のポーランドの少女なのか。
(ルドルフ・フェルディナント・ヘスは終戦後に絞首刑になったとのこと)

人間は妬み深く、金が好き。
金儲けをしたい頭のよい人が、常にどの国にもいる。
男は格好いい武器を持って同性と共闘するのが好き。
女は男が命がけで自分を守ってくれるのが好き。
なので人間はうっすらと戦争が好き。
本気の本気で戦争を恥じて根絶したいなら
もうとっくにそういうシステムが出来上がっている筈。
とりあえず球技に点差コールドゲームがあるように、
全人口割合において戦死者数に
規定以上の差が発生したら強制停止にしなよ…。

監督が意図したわけではないだろうけど、
まさに今私たちは虐殺をインターネット上で見せつけられながら
無関心に生活を続けている。
監督はアカデミー賞授賞式のスピーチでガザ侵攻に言及したが、
そのスピーチを非難する書簡に、著名人450名以上の署名が集まった。

 

色々感想

 

呪術(ジャンプ掲載)
発売日の5日前くらいから
「五条復活」ってねたばれがネットを席巻してましたが、 
一体どこからどう漏れるんでしょう。
個人的にはあの椅子に座っていた面子に
もう復活はないと思っているので、
亡霊は五条先生が戦略的に与えていたダメージと、 
生徒に授けた知識で生命が削られていくイメージによる
幻視だと思うのですがどうだろう。

だんドーン(モーニング掲載)
偶然にも正妻のいる男の妾になった女が死んで霊になる話だったが、 
なんか関係者がいい感じに死ぬか消えるかして
「不幸な話だった…」 って完結するから
こんな何百年も事故り続けるわけで、 
文春に売って相手のキャリアに大打撃を与えるとか、 
更にもっとえぐい報復手段に出て世間を震え上がらせ、 
「俺は(私は) やめておこう…」 
と思わせることが肝要だと思います。

 

脱線したので話を戻すと、
こういう主人公一行が地方のトラブルに遭遇すると、
多くはアホカススケベ男を成敗して
気の毒な若い娘さんを助ける話になるのだが、 
共同体が団結してうまい具合に災難を処理し、 
主人公一行が感心するという流れはあんまりない。 
男性読者の多い雑誌なので、
カスの全員が男にならないような配慮も細やか(妾が死んだのは正妻のせい)。

チェンソーマン2部
結局自分のヒーローとしての行動も、欲求も苦しみも、 
全部ちんちんから発生していて、 
自分はちんちんに振り回されている
と絶望する主人公に、
ヒロインがじゃあ切ってやるよという漫画(ド真面目)、ジャンプ初だわ。

「もうひとつの密漁海岸」(Amazon Primeミニドラマ)
会話劇だったのだが、
「泉編集はこんなこと言わない」って5回くらい思ったら、
脚本が靖子さんではなかった。

光る君へ
脚本パワーで善良な道長が状況に翻弄されている流れだが、 
起った出来事だけを並べると道采配だろうなと思う。 
定子さま凋落がつらい。 
定子さま強火の少納言視点だから余計に。
そこからの「春はあけぼの」。
魂の慟哭だよ。

 

 

洞川温泉

宿泊したのは洞川温泉なのですが、
温泉街から大雑把に言って1キロのところに鍾乳洞が2つ、
500メーターくらいのところに鍾乳洞1つと吊り橋があります。

温泉センターがあり、森もある。たいへん素敵なところでした。



夜に、西と東と北の方角に散歩してみたのですが、
これ以上は街灯もなく人家もなさそうで小さなお社だけが点在しており進めない…
というポイントまで進むのはとても楽しかった!
暗い大きな橋の上で怪談をしたりとか。
青春という感じがした(高齢者です)。
ただし利害関係のある相手と行くと橋から落とされて完全犯罪が成立しそうなので注意だよ…。

もともとは行者の修行場として栄えた温泉街だが、
行者の減少につき観光客の呼び込みも積極的にやるようになったそう。
朝から夕方までどこかで法螺貝が鳴っている。
行者さんのグループが雑魚寝する部屋を貸してくれるので広々だし、お食事も豪勢です。





冒険好きで、古い日本家屋とその水回りが平気な人におすすめ。

 

 

鍾乳洞


奈良県天川村の五代松鍾乳洞、面不動鍾乳洞に行きました。

面不動鍾乳洞はドロッコという乗り物に乗って
入り口まで行きます(徒歩でも登れるけど)。

五代松に比べると広い(かと言って秋芳洞などに比べるとすごく狭い)。
やや高低があります。
中はライトアップされていて少し妖しい。
途中すごく古い動物たちの骨を展示してあったりして独特の雰囲気。

五代松鍾乳洞は天井は低め、中は登っていく構造になっており、かなり狭い。
ヘルメットをかぶります。
私は10回くらい天井に頭をぶつけたので、姿勢は低ければ低いほど良い。

これは急降下する鷲に見立てられた「鷲の大鍾乳石」。

(鍾乳洞、めちゃくちゃガウディ建築だった)


入口がやや高所にあるので格好いい運搬機で苔むした坂を登っていくのだが、
こんな装飾の少ない動力の付いた乗り物に乗る機会はあまりないのでワクワクした。
案内の方が同行されます。
怖がりさん、小さすぎるお子さん向けではない。
間違ってもおしゃれな靴で行っては駄目。
特に足元ヨボヨボ組はトレッキングシューズか登山靴がおすすめです。
終了時間が早いのでお気をつけて。

冬から春にかけてはお休みだったり、
バスの本数が少なかったりするので注意です。

 



自分用お土産

旅行先で美しいものを見て気持ちが盛り上がり、
つい木刀とかペナントとかいらないものを買ってしまうのが人間の習性ですが、
私がアルハンブラ宮殿の土産物屋さんとカーサバトリョの土産物屋さんで買った自分用お土産を見てください。
なんという強い理性でしょうか。